天 夜刀

int_yato-300x189 - 天 夜刀

 


 

山城国内の、とある農村出身。
幼い頃に京の都を訪れた際、華やかさの裏側で、
今なお戦火の爪痕により苦しむ者たちがいることを知る。

それからおよそ10年。
さらに混迷を深める戦乱の世を憂い、旅に出る。
不正をひどく嫌う性格で、「弱きを助け、強きをくじく」が信条。

志は立派なものの、
(地味な)僧衣・法衣といった僧の衣装を着たがらないため、
寄合所の偉いヒトから煙たがられている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。