<PSO2>さらにプレイを始めやすくなった、PSO2とは

「PHANTASY STAR ONLINE 2」(PSO2)のお話。

PSO2とは、日本の老舗ゲームメーカーSEGAが開発・運営する、SF世界観のオンライン専用アクションRPGです。

基本プレイ無料、アイテム課金制。

国産 です。MADE IN JAPAN

2012年にサービスを開始し、現在では、

PC(Windows)PlayStation4PS VitaNintendo Switchで、プレイ可能。

そのPSO2が、2018年12月19日より、さらにプレイを始めやすくなります。

【 PlayStation4(PS4)版が「かんたんログイン」に対応 】

SEGA IDを取得せずに、つまり、

アカウント登録の手順をすっ飛ばして、ソフトをダウンロード&インストールし、プレイ開始できる

(PS4版は、PlayStation STOREよりダウンロード)

「かんたんログイン」(PS4)の状態で行えること

  • “PS4版”でのゲームプレイ
  • ACの購入

SEGA IDを取得しないと行えないこと

  • 他プラットフォームと同じプレイデータを利用
  • ワンタイムパスワードの利用
  • 『PSO2es』との連動

課金スクラッチを楽しむ場合など、課金要素が絡むことを行う場合に、SEGA IDの取得が必要となります。

※ 仕様を正しく把握していなかったため、修正。- (12/19)

アカウントの取得って、IDとパスワードを考えないといけないので、何気に面倒くさかったりします。

その手順を飛ばしてプレイを始められるのは、よいですね。

数十GBのゲームデータをダウンロードする必要はあるのですが・・・・・・

それは、待っていればいいだけなので。

もう一点。

【 PCで、「PSO2 クラウド」を利用可能に 】

たんにゲームサーバーへの接続方法が異なるだけで、同じゲーム

ので例えば、出先で「PSO2 クラウド」でプレイし、帰宅後は「PSO2」でプレイを再開、ということが可能です。

大きな違いは、

数十GBものゲームデータをダウンロードしなくても、プレイを始められること

ゲームデータはクラウドサーバー上にあるので、そこへ接続してプレイする形

ただその性質上、ゲームデータをダウンロードしてプレイする場合と比べて、通信遅延(ラグ)が生じやすくなります

どの程度、快適にプレイできるかは、やってみないと分かりません。

無線の場合は、2.4GHz帯より、5GHz帯を使用した方が安定しやすくなります。

それから、ゲームサーバー自体はすべてのハードで共有していますが、一緒にプレイ可能なものと、そうでないものとが、あります。

ここにまとめますとー・・・・・・

一緒にプレイ可能な組み合わせ

PC版 & PS4版 & PS Vita版

PC版 & クラウド(PC)版 & クラウド(Switch)版

※ 2018年12月18日現在で判明しているもの。

さらにプレイを始めやすくなったPSO2。

これを機に始めてみようという方がいらっしゃれば、嬉しいです。

そこで、これまでにもPSO2を紹介する記事を書いているのですが、今回、改めて書くことにしました。

【 目 次 】

★ ソロでもしっかり遊べるゲームだよ

活動拠点はロビーとなるアークスシップ。そこでクエスト(任務)を受注して、出発することになります。

クエストには「種別」が設定されていて・・・・・・たとえば、このクエスト。

「ソロクエスト」となっているので、「ソロでプレイするクエスト」ということが分かると思います。

まんまですけど

これはパーティーでプレイすることは、できません

では、こちらはどうでしょう・・・・・・

「マルチパーティークエスト」

あぁ、パーティーを組んでプレイするクエストなんだナ

と思いきや、ソロでもプレイできます(笑。

PSO2では、ソロの状態でも「ソロパーティー」として扱われてますので、「パーティー向けクエスト」もソロでプレイ可能なんですねー。

ちなみに、パーティーのメンバー数は1~4人となっています。
「マルチパーティーエリア」のあるクエストでは、複数のパーティーが一緒にプレイできますよ。

【 難易度は、幅広い 】

ほとんどのクエストには複数の難易度が設定されており、それぞれ、出現する敵のレベルが異なります。

これが何を意味するかと言うと・・・・・・

駆け出しのプレイヤーでも、最新のバトルコンテンツをプレイしながら、レベリング(育成)していける

これは、PSO2の特長と言えるポイントです。

【 ストーリークエストは、ソロ専用 】

ストーリーを進める場合、まず青いアイコンの「イベントクエスト」を見ていくことになります。

会話パート

あちこち移動する必要はなく、ただ会話を見ていればOK。

ちなみに、メインイベント・サブイベント共、フルボイスです。

「RPGは広いフィールドを移動するのがメンドクサイ」

なんて思っている方も、PSO2は楽しめるかも

で、お話が進んでいくと、要所要所で赤いアイコンの「ストーリークエスト」をプレイすることになります。

戦闘パート

「ストーリークエスト」は、完全100%ソロ専用です。

他人の力を借りることはできませんが、共にプレイする相手を探す必要がないので、自分の都合のいい時にプレイできます

PSO2では、始めたばかりのプレイヤーも最新のエピソードをプレイできます

何年も前に実装された、最初のエピソードから進める必要はありません。

Episode6からは、各エピソードが以下のようにまとめられました。

オラクル編(Episode1~3)

地球編(Episode4)

フォトナー編(Episode5~6)

初めてストーリークエストをプレイする場合、Episode1、4、5から選択します。

2、3、および6は、1つ前のEpisodeとお話が直結していることから、選択できないようになっています。

★ スタイリッシュアクションが特長だよ

PSO2のアクションは、とてもスタイリッシュ。

キャラの動きが軽快で、ジャンプを織り交ぜて戦うこともできます。

Coolですよっ

ある程度キャラが成長すると、どのクラスも2段ジャンプが可能となります。

アクション、あんまり得意じゃないんだけど・・・・・・

という方は、ペットを使役して戦うクラス「サモナー」をメインクラスとするのがオススメ。

プレイフィールが根本的に他クラスと異なり、あまり動き回る必要のないクラスですねー。

★ 標準的なゲームパッドで楽しめるよ

PCと家庭用ゲーム機のマルチプラットフォーム対応タイトルの場合、ちょっと気になるかもしれません。

PC用にたくさん発売されている、凄そうなゲーミング用周辺機器。それらを扱えない環境でも、ちゃんと楽しめるのかどうか。

心配要りません

私はPS4ユーザーですけれど、高難易度帯のコンテンツも支障なく楽しめています。

PSO2のゲーム性はPCよりもゲーム機寄りで、標準的なゲームパッドや家庭用ゲーム機用のコントローラーでOKです。

ゲームをプレイするからと言って、わざわざ高機能・多機能な周辺機器を買い足す必要はありません

ゲーム機でプレイする場合、キーボードを用意した方がいいですが、これも多機能なものでなくていいです。

ごく標準的なキーボードで足ります。

一方で、キーボード・マウスでのプレイも可能。自身にとってやりやすい環境でプレイできます。

★ 「役割分担」はとても “ゆるい” よっ

オンラインRPGには、パーティー内の「役割分担」が明確なものと、そうでないものとがあります。

PSO2は、後者

全クラスが「回避アクション」を備えているため、盾役に護ってもらう必要がありません。

全クラスが、自己/味方の回復・復活の手段を持っています
回復/強化支援に向いたクラスはありますが、必須ではありません。

以上のことから、PSO2では基本的に、「全員がアタッカー」という認識でOKです。

★ マイルームやチームルームといった、交流の場があるよ

これがマイルーム。

以前は、マイルーム機能を本格的に楽しもうと思ったら、課金が必須でした。

しかし今では、プレイを進めれば無課金でも、楽しめるようになっています。

こちらは、チームルーム。

チームルーム獲得の条件はさほど厳しくないので、自分ひとりしかいないぼっちチームでも、獲得できます

様々な支援効果を受けられるフォトンツリーの育成は、ソロだとものすごい時間が必要ですけど。

それこそ、何年、というほどの。

マイルーム/チームルームともに、

「ミュージックディスク」を登録することでBGMを変更できる

マイルームの場合は、家具「ジュークボックス」を設置する必要があります。

★ より交流を楽しくする表現方法があるよ

オンラインRPGにおけるもっとも基本的な交流手段は、チャット。

PSO2のチャットでは、簡単な文字修飾も可能ですけれど、もっと特徴的なのが、「カットイン」「シンボルアート」

このように、マイキャラの顔を「カットイン」で表示できます

アングルや表情の変更も可能。

もちろん、他のプレイヤーが「カットイン」つきで発言することもありますよっ

キャラの顔が大きく表示されて、たのしい

さらに凄いのが・・・・・・

絵で語る

なんか、見ているだけで楽しいですね。これが「シンボルアート」

LINEのスタンプの感覚で使えるもので、PSO2ゲーム内に「シンボルアート」を作成するツールが備わっています

ただ、

自分では作れない人の方が圧倒的に多数派でしょう(苦笑

でも、

履歴(ヒストリ)に他の人が使った「シンボルアート」が記録されており、
それを使わせてもらうことが可能

だから、絵心がなくても、絵を描く技術がなくても、作成ツールを使いこなせなくても、そもそも作ってる時間がない! なんて場合でも

「シンボルアート」を楽しめます。

戦闘中、倒されてしまった時に「シンボルアート」で味方に倒されたことを伝えると、場が和むというか何というか。

★ オートワード ★

特定条件下で、自動で発言する機能。内容を編集でき、カットインやシンボルアートを仕込むことも可能。

便利で楽しい機能ですが、大量に表示されると画面がそれらで埋まってしまい、プレイの妨げとなることもあります。

他人のオートワードを非表示にしたい場合は、オプション設定でOFFにできます

キャラに特定の動作をさせる機能は、オンラインRPGなら大抵備わっているものですが。

PSO2にも、多数のロビーアクションがあります。
ダンス系も多いです。

異性版のアクションもできるのが、ポイントですよ。

これらのロビーアクションは、残念ながら、プレイ開始当初から揃っているわけではなく、最初は、最低限のものしか持っていません。

プレイを続けていれば、少しずつ、色々なものを集めていけるでしょう。

★ 課金で装備は手に入らないよ

PSO2は、基本プレイ無料+アイテム課金制タイトルですが、装備はゲームプレイによってのみ、手に入れることができます

スクラッチ(いわゆるガチャ)には、一切、装備品は含まれていません。

何かしらの特典で装備が手に入る可能性はありますが、実用レベルの性能にはなっていません。

課 金 で 装 備 は 手 に 入 ら な い

装備品を、プレイヤー間でトレード・売買することは可能。

ただし、最上位の装備品は、トレードや出品ができないようになっています。

強力な装備を手に入れようと思ったら、自らクエストをプレイしなければならないのです。

アイテム課金制のゲームは、課金しないと強くなれない

そう思っている方には、PSO2をプレイしてみてもらいたいですね。

私も、プレイ前に抱いていた固定観念を崩されたひとりです(笑。

★ ゲーム内通貨で、課金衣装をGETすることもできるよ

純然たるお洒落のための、性能が設定されていない「お洒落装備」は、主に課金スクラッチを引いて、手に入れます

キャラクターの育成面では基本的に課金の必要がないかわりに、

主に、ファッション関連で利益を出してるわけですね

では、課金しなければお洒落できないのかと言うと、そうでもなくて・・・・・・

スクラッチで手に入れた衣装などは、出品が可能です。

出品には課金の必要がありますが、スクラッチを利用している時点ですでに課金しているので、さほど抵抗感はないでしょう。

購入にはもちろん課金は必要なく、購入の際はゲーム内通貨「メセタ」を用います。

ので、メセタを貯めていれば、課金しなくても課金衣装を手に入れ、お洒落することが可能なんですね。

当然のことながら、購入可能なのはスクラッチを引いたプレイヤーが出品しているものに限定されますので、

自ら積極的にオシャレをしたい場合は、スクラッチを引いてねっ

ということになります(笑。

どれほど課金の意思があるかは、プレイヤーそれぞれ異なりますので、自分に合ったやり方でお洒落を楽しんだらいいと思います。

★ これがPSO2のキャラクリだっ

2012年にサービスを開始したPSO2は、「究極のキャラクタークリエイト」をPRポイントの1つに掲げていました。

時が経ち、キャラクターの細部までいじくれるオンラインRPGタイトルは珍しくなくなってきましたが・・・・・・

ただ細かいだけだと、イメージどおりの顔・体型にするのが難しく、時間も掛かってしまいます。

PSO2では、細かくいじれることはもちろん、「モーフィング」の採用により直感的に調整できるようになっています。

この「簡便さ」も兼ね備えているところが、特長と言えます。

では、PSO2のキャラクリについて紹介します。

「瞳カラー」は、カラーピッカーにより、自由に色を選択できます

また、「まゆカラー」を「髪の色に合わせ」たり、「まゆの濃さ」を調整したりもできます。

ゲームによっては、まゆの色を髪色に合わせられないこともありますが、PSO2ではそんなことはありません。

「顔バリエーション」というのは・・・・・・

顔のタイプ。ガラッ と変わります。

目鼻立ちがハッキリしているものから、そうでないものまで。

「スッキリ顔」「デフォルメ顔」は、アニメ調の顔にしたい場合に向いています。

「こだわり顔編集」で、より細かく調整可能。

目の形を調整できます。
垂れ目もつり目もどちらもOK

ヘアカラー設定も、瞳カラー同様、自由に色を選択できます。

なお、このSの字が書かれたアイコンが付いている項目は、変更するとSG(スタージェム)を消費します。

SGというのは、課金とゲームプレイ、双方で入手可能な通貨です。

エステでの調整に使う程度なら、通常のゲームプレイで獲得するSGで足ります。

もちろん、プレイ開始時点ではSGを所持してないため、

「ヘアカラー」「こだわり編集」部分については、

最初のキャラクリの時点で納得のいく調整を行っておいた方がよい

です。

なお、消費するSGの量は固定

SGアイコンの付いた項目を1つだけ変更しても、5つ変更しても、「変更を確定」した際に消費するSG量は変わりません。

次の画像は・・・・・・

身長/体型の「モーフィング」。顔の方にもありましたね。

スライダを動かすと体型が変化してゆきます。大まかに調整するのに向いています

ちなみにこのキャラクターは、「サポートパートナー」という存在で、プレイヤーキャラのお手伝いさんです。

見た目は人間ですが、実はアンドロイドで、身長は最大でも120cmほどとなっています。

次は、「ボディペイント」

と言っても、何か塗りたくるわけではありません。
(タトゥーなどもありますが)

ここで、ストッキングやニーソックスなど、設定できます。

多くのゲームでは、「服」にはストッキングやソックスなども含まれています

なので例えば、スカートはそのまま

ニーソックスだけをストッキングに替えたい

と思っても、ムリです。

その点、PSO2ではそれらのアイテムは基本的に、「ボディペイント」として服とは分けて配信されるので、その時のコーデや好みに合わせて変更することができます

キャラクターの造形に関する部分だけでなく、

コーディネート面でも、自由度が高い

それと、「こだわり体型編集」の項目が隠れていますが、「腰まわりの編集」などもできます。

腰のくびれとか、お尻のサイズなどを、調整できます。

あまり極端にすると、おかしな体型になります(笑

腰まわりの他、首の長さ・太さ肩幅の広さ、(女性キャラのみ)バストサイズ・形腕の長さ・太さ腰の高さ(脚の長さ)、膝の高さ脚の太さ

など、調整可能です。

【 コスチューム と レイヤリングウェア 】

PSO2には現在、2タイプの衣装があります。

こちらは、サービス開始当初からある「コスチューム」

首から下、全部込みでデザインされているもの

そのため、上着だけを脱ぐ といったことはできません。

で、こちらは・・・・・・

後から追加された「レイヤリングウェア」

アウターベースインナー、3種類のウェアで構成されています。

そのため、

この画像のように、ベースウェアだけを変更する、といったことが可能です。

3種のウェアを必要とするため、「メセタ」で購入する場合は「コスチューム」より出費が多くなりがち

ですが、より多彩なコーディネートを楽しめるのが「レイヤリングウェア」の特長と言えます。

コーディネートに関するものは、次が最後・・・・・・「アクセサリ」

一般に「アクセサリ」と言うと宝飾品のような小物類をイメージしますけども、PSO2ではもっと幅広いです。

アクセサリは、4つまで付けられます。

アクセには、頭にかぶるもの、頭に付くもの、肩に付くもの、背中に付くもの、腰に付くもの・・・・・・

等々、多くの種類がありますけども、4つの枠にどのタイプのアクセを設定するかは、自由です。

ので、帽子をかぶり、ヘアピンを付け、眼鏡を掛け、イヤリングを付ける、というように「頭部」に集中させることも可能

なおPSO2では、かぶり物は「頭防具」ではありません

お洒落系アイテムとして、アクセサリに分類されています。

で、画像にも項目が映っていますけど・・・・・・

アクセサリは、位置・角度・サイズの調整が可能です。

サイズが合わないとか、表示位置を変えたいとか、そんな場合も安心。

ブーツ系アクセの縦幅を変えたりもできますね。

さて、あと少し・・・・・・

PSO2のキャラは戦闘中によくしゃべりますので、の設定は大事。

多数の声優さんが、キャラクターボイスを演じてくださっています。

ボイスカタログは、公式サイトの「ACアイテム」のページに掲載されています。
PCの場合は、試聴も可能。

PSO2は様々な作品とコラボしており、コラボキャラクターのボイスが配信されることがある

コラボ元作品の劇中で使われたセリフが使用されていることも

下の方では「ピッチ変更」もできます。

あまり高くするとギャグになりますねっ

最後、クリエイトデータの保存。

何気に重要な機能。
お気に入りの外見データは、保存しておきましょう

PS4版だと、100カ所に保存できます。

そんなに使うの!?

って、まず使いませんけど、多い分には困りませんから、良いでしょう(笑。

サテ

PSO2のキャラクリシステムについてお話してきましたが、もっと凄いのは、これなんです・・・・・・

とりあえず、差し障りなさそうな(?)バストショットを掲載します。

顔だけ見て「男」だと分かったら、大した眼力です(笑。

ということで、えぇ、これは男性キャラなんですけども。

筋肉量をゼロにしても、女性キャラより筋肉が目立つ身体になってます。

肩幅、上腕部、肘、膝、手の大きさなど。

ただ一部の衣装を着ると、よりスッキリした身体に調整されて、その場合はほとんど女性キャラと見分けつかなくなりますよー。

で、これは、男の娘 というものですね。

PSO2のキャラクリでは、男の娘キャラも比較的簡単に創れたりします

ま さ に 究 極

多くの髪型が男女共用なのが、ポイント高いです。

また、数は少ないですが、女性の声優さんが当てた、男性キャラ用ボイスもあったりします。

もっとも、最初のキャラクリ時点では手持ちのアイテムが限られていることもあり、せいぜいくらいしか女性らしくできないのですが。

男の娘として、コーディネートを楽しめるようになるには、

地道にコツコツと、時間をかけて、ファッション系アイテムを集めていく必要がある

でも、やった分だけ可愛くなっていきますから。

男の娘キャラ、つくってみたい!
そして、愛でたい!

という方にも、PSO2はオススメですよー。

ここまでお読みいただき、ありがとう御座いました。
そして、お疲れ様でした。

PSO2の紹介は、以上です。

よければプレイしてみてくださいねっ

コメントを残す

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。