<信On>2000坪の土地持ちでした(ハウジングの想いで)

「信長の野望Online」(信On)の武家屋敷(ハウジング機能)のお話。

現在はプレイしていないため、思い出話、というか、「こんな風でしたよ」という紹介みたいなもの。

2018年6月に、サービス開始15周年を迎えた信On。

それとなく情報は仕入れていて、来年1月には新たな拡張パック「天楼の章」がスタートするとのこと。

“城”をテーマに、”戦国の世”に大きな革新が訪れる!

信On世界でも各地に存在する「城」にスポットを当てた章になるよーです。

信Onは、私が2つ目にプレイしたオンラインRPGで、本格的にプレイした初めてのオンラインRPGでもあります。

いわゆる「ハウジングシステム」に触れたのも信Onが最初。

信Onでは「武家屋敷」と呼ばれますが、以下はこれについて述べてゆきます。

★ 中老のお屋敷

入り口から見たところ。

大名家に仕官すると、土地を購入可能になります。

だだっ広い敷地のみが与えられ、そこへ建物や屋外家具、屋内家具を自由に配置してゆきます。

自分専用の、屋敷用インスタンスゾーンになっています。

もちろん、他のプレイヤーを招くことも、逆にお邪魔することも、可能です。

購入可能な土地の広さは、身分が高いほど広くなります

最低で500坪。

マイキャラの中老と、最上位の家老で2000坪。

なお、「長屋」も選択可能。

庭はなく、やや暗めで狭い屋内スペースのみですが、こちらは浪人も住めます

独特の雰囲気を楽しめる、質素な長屋ぐらしが好き

という、長屋ファンもおりますね。

画像枚数が多いため、以下は縮小表示しています。クリックで拡大。

各地の「名所」を訪ねてゆくことで手に入る模型を配置。

金閣とか雷門とか・・・・・・多数あります。

模型スペースの先。

大体、売り子NPCはここに設置していました。

信Onでもいわゆるマーケット機能は実装されていて、街にいる「市司」より、ほしい品を検索、リストアップできます。

リスト上で商品を選択すると、その場で購入処理が行われ・・・・・・

るわけではなく、いったんその商品を扱っているプレイヤーキャラの武家屋敷に飛びます

そこで、屋敷内に配置されている売り子NPCに話しかけて購入、という流れ。

購入ついでにお屋敷内を拝見することが可能となっていますね。

中には、迷路のようなレイアウトにしていて、「売り子の元へたどり着けたら購入可」という遊びをしている方も。

この武家屋敷は、「学び舎」という設定

ゲームシステム上の設定ではなく、ロールプレイ的な設定

ウチのキャラ、僧兵とはいえ<僧>なので、庶民に学問を教えるのも務めの1つだろうと考えた上での<設定>です。

で、ここは講義を行うスペースですね。

座布団、敷いてませんけど。

庭・その1。

勉強に疲れたら縁側でのんびりするのもヨシ。

信Onのハウジングでは、どこを庭とするかもプレイヤーが考えます

もちろん、庭を作らず別のものを配置してもOK。

庭・その2。

スイカや菊の花壇とか・・・・・・

長屋ぐらしも好きですけど、恩賞などで頂いた屋外家具を設置できないのが悩みどころですねー。

「学問所」から飛び石の上を歩いて、母屋へ行けます。

向かって右にあるのは、親しい者や客人と歓談、食事などを行う離れ

離れの中は・・・・・・

ずっとひな壇が飾りっぱなしですけど・・・・・・

「のぶニャがの野望」とのコラボ東西大合戦で、恩賞としていただいた品もありますね。

屋根付き渡り廊下を設置。

母屋との行き来はラクラク。

母屋。

ここは調理スペース

かまどが複数設置され、立ったまま作業できる高さのテーブルも置いてあります。

宿泊スペース

遠路はるばるやってくる者のため、寝泊まりできるようにしてあります。

布団がぼろっちいですけど。

主の寝室スペース

襖に開閉ギミックがあれば、ここにも設置したんですけど。

主の布団もぼろっちいです(汗)。

よく見ると、武器が置いてあり、「悪霊退散」のお札も貼ってあります。

自衛のために用意したものですけれど、女性とは言え「僧兵」なので腕っぷしは強く、過剰防衛する恐れがありますね・・・・・・

寝室の向かい側が、支度スペース。

縁側に出ると、壁で囲ってある区画が目に入ります。

物を入れるための箱が設置してあります。

ここには・・・・・・

お風呂五右衛門風呂)があります。

残念ながら?

中に入れないので、キャラクターが入浴することはできないのですが。

マイ武家屋敷についてざっと紹介してみました。

振り返ってみると、信Onのハウジングシステムは2005年に実装されたものなのですけど、なかなかよくできてますね。

土地だけを与えられ、レイアウトは自由自在というのがイイです。

インスタンス方式のため、土地の奪い合いも起きませんし。

ところで、「入浴」ができないのは、信Onでは仕方ないと思っています。

プレイヤーキャラが、下着姿になることができないので・・・・・・。

少なくとも私がプレイをやめた時点では、水着のような衣装もありませんでしたし。

・・・・・・なんですけど

各地の「温泉」には入れますね。もちろん服を着たままですけど。

アクション性がまったくないためか、どうしても戦闘が眠くなってしまうため、復帰の意思はありませんけども、オンラインRPGの中でも、独特の戦闘システムで日本の戦国時代を楽しめる信Onは、まさにオンリーワンなタイトル。

オンラインゲーム上での交流の楽しさを教えてくれたタイトルでもありますし、可能な限り永く続いてほしいと思っています。

以上。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。