<TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)

世界も注目する日本最大級のゲーム関連イベント「東京ゲームショウ 2018」(TGS2018)に行ってきましたー。

総来場者数は、歴代最多の30万人弱だったそう。

遠方に住んでいるとなかなか行きづらいですけども、「往年のゲームファンとして、1度は行ってみたい」とずっと思っていて・・・・・・

今年は私も、総来場者数のひとりに数えられることになりました。

以下、写真を掲載しつつ、当日の様子をお伝えしていきます。

なお、主に回ったのは、SEGA/ATLUSブース、KONAMI(内の日本ファルコム)ブース、コーエーテクモブースでした。

地元の最寄り駅から、始発電車に乗って・・・・・・

東京を越えて千葉まで。

無事、海浜幕張駅へ到着。

南口から出たところで、日本ファルコムさんがうちわを配っていたので頂きました。

tgs2018_gds1-300x211 - <TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)
閃の軌跡Ⅳうちわ
tgs2018_gds2-300x217 - <TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)
閃の軌跡Ⅳうちわ

駅からは徒歩10分ほど。

tgs2018_1-300x169 - <TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)
閃の軌跡Ⅳ 看板

閃の軌跡Ⅳの看板が4つも!

日本ファルコムは自前のブースは持ってませんけれど、しっかりアピールしてますねー。

さらに進んで・・・・・・

チケットは前売り券を購入済みだったので、そのままさらに進み・・・・・・

しばらく足止め

手荷物検査のゲート前で、ある程度の人数(かなり多い)ごとにしばし待機状態に。

何分待ったかナァ・・・・・・

結構、長く感じたです。

検査自体は簡易的なものでした。

それからさらに歩いて、ようやく屋内に。

開場時刻の10時は、とうに過ぎてましたねー。

tgs2018_2-300x169 - <TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)
会場内の様子

会場内、満員御礼。

人が多すぎて、目的地まで真っ直ぐいけないですにゃー

不慣れなことに加え、流れに乗っていくらか迂回しつつ向かったので、移動に時間がかかりました。

ここで重要なことは、

イベントステージ、試遊、物販

いずれを重視するかを決めておくことですねっ

試遊は、待ち時間が長く掛かるものがあります。

人気タイトルだと60分待ちとか、あるですね。

物販コーナーは、ホール9~11にあり、いったん行くと戻ってくるのに時間がかかります。

事故防止のため途中の通路は一方通行になっており、ぐるっと回って戻ってくる流れになってます。

 

tgs2018_3-300x169 - <TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)
PlayStationブース

今回は初参加ということもあり、雰囲気を楽しむことを重視

ですので、予めチェックしておいたステージイベントを中心に見ていくことにしました。

イベントならではの雰囲気を楽しむには、うってつけですねー。

tgs2018_4-300x169 - <TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)
SEGA/ATLUSブース

スムーズに入場できたら、先に物販コーナー行こうかと思ってたのです。

でも想定以上に時間が掛かってしまい、PSO2のステージ開始時刻(11時開始)が迫っていました。

※ この写真は、午後、通りがかった際に撮影したもの。

「PSO2 STATION!」の生放送を見たの、実は初めてなのです。

いつも放送後にアーカイブされた動画で、一部しか見ていませんでした。

「撮影禁止」のため写真はありませんが、ステージ前は満員でしたねっ

ゲストは、Episode5に登場する<剣の巫女>アリサ・ランディール役の島本須美さん。

穏やかで優しい雰囲気ですけど、結構、戦闘民族(笑)的なところがあったり、割とツッコミも鋭かったり・・・・・・

「剣の新たなメッセージ」を考えるお題でほとんどネタばかりの内容を、笑わずに最後まで言えるのは、さすがですねー

ほんと、たのしい方でした!

ゲームの情報で興味を抱いたのは・・・・・・

ついに「ペルソナ4」とのコラボもきますねっ

それから、12月ごろ実装予定の新レイドボス戦。

少し開発中の動画が披露されましたけど・・・・・・

足場が透明?

一時的にそうなってるだけ?

具体的な状況は分かりませんけど、そういう場所で戦ってみたかったんですヨー

背景を堪能しつつ戦えますねっ

SEGA/ATLUSブースでもらったもの

PSO2のステージを終えて、ちょっと(反対側の)KONAMIブースも覗いて、それから向かった先は・・・・・・

コーエーテクモブース。

あんまりコスプレショーには関心がないのですけど、これも「イベントの雰囲気を楽しむにはうってつけ」なので、行ってみました。

12時からの開始で、着いた頃にはすでに何組か登場したあとでしたねー。

上の方に大画面モニターが設置されているので、ステージが見えなくても、一応、見られるんですけど・・・・・・

前のヒトの頭や(撮影時の)腕などに遮られて、かなり狭い範囲しか撮影できませんでした(汗

クオリティは高かったようです。

リュウ・ハヤブサのエスコートで、かすみコスプレの車椅子の方が登場されたのが、ちょっと感動しましたですねー

13時までのコスプレショーを早めに切り上げ、向かった先は・・・・・・

tgs2018_9-300x169 - <TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)
閃の軌跡(ラウラ)
tgs2018_10-300x169 - <TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)
閃の軌跡(ミリアム)

12時50分から開始の、ファルコム jdk BAND スペシャル LIVEステージ

これは・・・・・・絶対はずせない

今度は、みっしぃがでっかく描かれているうちわをもらった。

私は、こういったイベントは後方で応援するタイプ。

ノリノリの方は率先して前へ行ってくれますね。

ロール(役割)分担とゆーやつです

開始当初、「撮影禁止」のアナウンスが流れてましたけども、途中で「撮影OK」になりました

裏で何らかの働きかけがあったのでしょうか・・・・・・

超満員、さすが!

1曲目は、「閃の軌跡Ⅲ」主題歌「行き着く先」。これ、合いの手を入れられる曲ですにゃ。

2曲目は、新曲。新曲ということはⅣの曲ですね。純粋にBGMなのか、ボーカルなし。

ギターがギンギンジャカジャカギュインギュイン鳴っていて、どんな曲か今ひとつ分からなかったですけど・・・・・・

バンドライブの雰囲気はバッチリ楽しめました!

3曲目と4曲目は、順番うろ覚えですが。

「空の軌跡FC」の通常バトルBGM。ジャズ調の原曲の心地よさとバンドアレンジによるカッコよさがミックスされてました。

「閃の軌跡Ⅱ」のエンディングテーマ「I’ll remember you」。バラード調の歌い出し。これを聴きながら何人のユーザーが涙したことでしょう・・・・・・

最後、5曲目は「閃の軌跡Ⅳ」主題歌「明日への軌跡」。発売前は心落ち着けて待つスタイルのため、PVなどの動画はあまり見ないのです。ので、この歌も1度しか聴いてません。

プレイ開始後、どんどん聴きたいですねっ

ようやくお目当てのステージイベントに区切りがつきました。

これから物販コーナーへ向かいます。

途中にフードコートや休憩所もありますね。

ただ、

ライブ終わったのが13時30分ごろ

マァ、なんというか・・・・・・

既にかなり完売してそうな予感がします

物販コーナー。3ホール分のスペースでここも相当広い。

ヒトも多い(笑

予め、立てておいた購入予定。目的地は、セガコーエーテクモですね。

購入したグッズや、特典でいただいた品を掲載しますが、かなり身内向けな品もあるので一部のみ掲載ですー。

まず、セガ。

ここには日本ファルコム系のグッズもあります。

が・・・・・・

みっしぃの箸置き、完売!

「閃の軌跡Ⅲ」サントラ上下巻、完売!

箸置きは、家族へのちょっとしたお土産にイイと思っていたのですがー

箸置きが完売ですか

みっしぃ、恐るべし

サントラは、いつか買おうと思っていたものの、そのままになっていたので、ここで購入しようと思ったのです。

その内、買います。

Ⅳのサントラよりは先に買うのでわないかと・・・・・・

こちらで「自分のため」に購入したのは、コレですにゃ。PSO2のキャラクターソングCD第4弾(先行販売)。

ジャケットイラストのマザーの、なんとも言えぬ表情が話題に(?)。

改めて記事書きますけれど、Episode4の登場人物が好きなら買って損はないですねっ

マザー、オークゥ、フル、ファレグの女性陣が歌います。オークゥ、フルのデュエットもあり、さらに4人全員でジャズを歌うとか。

どの歌もそれぞれのキャラクター性にマッチするものなので、楽しいですよっ

セガの物販コーナーでは、某ハリネズミ(音速)君のステッカーをいただきました。

コーエーテクモの方では・・・・・・

特製ICパスケース「アーシャのアトリエVer.」

特製ICパスケース「フィリスのアトリエVer.」

購入特典でいただいたのは・・・・・・

「無双OROCHI3」うちわ

「無双OROCHI3」クリーニングクロス

どっちかアトリエシリーズ「ネルケと伝説の錬金術士たち」のデザインにしてもよかったかナァ。

そちらは、うちわがクリアファイルに。

ちなみにDOA6デザインは、汚れたかすみが正面向いて映っているもので、凄みは感じるものの美しさや清々しさなどは感じなかったので、私は選ばなかったですねー。

フードコートにはヒトの群れ

休憩所となっているイベントホールも満杯

とりあえず腰を下ろせそうな場所に座って休んでいる方も多かったです。

フードコート/休憩所では持ち込みによる飲食も可能だったので、予めお弁当を用意するのもアリかと思いました。

休憩しつつ、日本ファルコムブースで頂いた「ファルコムマガジン」の4コマ漫画を読んで笑い・・・・・・

その後、ぐるっと回り込んで再びホール3~4の方へ。

あ、「閃の軌跡Ⅳ」の試遊台の所へも行ってはみたんですけど、すでに整理券の配布は終了してたです。

さて、再びコーエーテクモブースです。

16時からの「DEAD OR ALIVE6」スペシャルトーナメント観戦に備えて、付近をうろうろ。

「無双OROCHI3」うちわ。これは、いつ貰ったんだっけ・・・・・・

グッズ購入特典のデザインとは違いますし、試遊もしてませんし、ブース周辺で配布?

結構、気に入ったデザインです。

tgs2018_14-300x169 - <TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)
無双OROCHI3(映像)
tgs2018_15-300x169 - <TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)
武将勢揃いパネル

170人もいると・・・・・・

後ろの方はもう誰だかわからない

でもこれ、とにかく全員が収まるように配置するの、大変だったろうねぇ。

tgs2018_16-300x169 - <TGS2018>はじめてのテージーエス(TGS)
ネルケと伝説の錬金術士たち

結局、「リディ&スールのアトリエ」はプレイできてないんですけど、ネルケはシリーズ初の「街作り」が楽しめるようなので、プレイしたいにゃぁ・・・・・・

無双OROCHI3とDOA6の共演。

オロチ3は購入予定に入ってないですけど、ストーリーは気になるんですよねぇ・・・・・・

マァ、閃Ⅳのプレイが最優先ですけど。

アトリエシリーズの穏やかなBGMが流れている、その前で・・・・・・

DOA6のキャラが壮絶なバトルを繰り広げる、このギャップ!

おっと、楽しんでいたら、DOA6スペシャルトーナメント観戦のお時間です。

これが、最後のステージイベントですねっ

予選を勝ち抜いてTGS2018の舞台へと進んだのは8名。

ほとんどは男性ですが、女性がひとり。あとアメリカンな男性がひとり。

試合時間は60秒。3本を先取した側の勝利。

アメリカンな方は1回戦を危なげなく勝利し2回戦へ進んだものの、そこで敗れてしまいました。

決勝戦は、リュウ・ハヤブサリグ

勝利したのは後者。

最後はお互いに2本取ってからの、白熱した勝負でしたっ

DOAはあまりプレイしたことがなく、6の新システムというのもどういうものかよく分かりませんでしたがー

格闘アクションゲームの対戦は、あまり知識なく見ていても「なんか凄いことやった!」というのは分かるので、素人も楽しみやすいです。

最後にコーエーテクモブースを選んだのは、討鬼伝チームが開発中という(続編ではない)新規タイトルの情報でも、最後に飛び出さないかと思ったからなのですけど、なかったですね(苦笑

でも楽しく観戦できたので、行って良かったです。

最後は、コーエーテクモブースのコンパニオン登壇。

さて、帰りのお話を少々。

TGS2018の最後までいたため、当然のことながら・・・・・・

海浜幕張駅までの道は、ヒトの群れで埋まり

駅構内に入ったあと、(幕張メッセ側の)南口からの入場が一時制限されるという状況に。

構内もヒトで埋まり、カメペースでようやく快速に乗車。

あとは東京へ一直線!

ところでこの路線、途中に「舞浜」駅があるんですね。

舞浜というと・・・・・・

デズニーリゾートですねっ

そう、デ(ィ)ズニー

そこからのお客も乗ってきたので、

殺人的な乗車率になりました

次の停車駅「新木場」で降りるヒトが多かったのが救い。

ただ、車内のやや奥にいたんですけど、降りるヒトがさらに奥から押してくるもんで、身体は避けたものの荷物がヒトに引っかかって、危うく荷物だけもってかれそうになりました(汗

というわけで

いろいろと体験できたTGS2018でした。

男性も女性もカップルも家族連れも外国人も、結構、目に付きましたですね。

やや年配の方が少々。

あと車椅子の方も、何名か見かけました。

これだけのヒトたちが、ゲームが好きで、ここに集まってきてるんだー

と、いちゲームファンとして感激しました。

日本が世界に誇れるゲーム文化。

これからも盛り立てて、後世へと伝えてゆきたいものです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。