MHWと討鬼伝2、それぞれの特徴

1月下旬に「モンスターハンター:ワールド」(MHW)のプレイを始めました。

実はこのシリーズはあまり経験がなく、他にはオンライン専用の「フロンティア」をプレイしたのみ。

とは言え、フレンドと一緒にプレイしていることもあり、長く楽しめそうです。

 

「ハンティングアクション」というジャンル自体、プレイ経験が少なく、「ゴッドイーター」も無料体験版をプレイしたのみ。

その中で、後発の「討鬼伝」だけは、
「討鬼伝」「討鬼伝・極」「討鬼伝2」とプレイしてきています。

もともと、和風のものが好きであることと、
ドラマ性の高いストーリーがフィットしたのだと思います。

 

さて、「討鬼伝2」は2016年発売と、やや古いタイトルとなっていますが、
せっかくなので、MHWと討鬼伝2、それぞれの特徴・違いについて語ってみたいと思います。

 

< 目 次 >

・どんなゲーム?

・プレイヤーキャラの特徴

・装備品について

・大型の敵について

・登場人物について

・おわりに

 

 

☆ どんなゲーム?

 

まずはざっくりと。

 

MHW

<狩猟>がテーマ

リアリティ重視の狩猟体験とゲームとしての楽しみやすさ・面白さをうまく両立させている点が、長く支持されている理由だと思います。

 

討鬼伝2

<鬼>との闘いがテーマ

「日本」を舞台とした和風ファンタジーの世界観と、それに基づく独自のゲームシステム。
さらに、登場人物との絡みも含めて、ドラマ性の高いストーリーなどが支持されている理由だと思います。

 

「討鬼伝」の世界について、抑えておくべきポイント。

ファンタジー色の強いタイトルなので、以下の<設定>を踏まえておくことで、ゲームシステムへの理解度が深まりやすくなります。

 

世界は<鬼>による侵攻を受けており、人間の生活領域が次第に狭まってきていること。

<鬼>は、その身に<瘴気>をまとっており、人間は<瘴気>に冒されると死亡すること。

<鬼>の侵攻により世界の<異界化>が進行。異界に沈み、滅んだ里もあること。

プレイヤーキャラの活動の舞台が、その<異界>であること。

 

「討鬼伝」のゲームシステムは、これらの設定に基づくものが多いです。

 

 

☆ プレイヤーキャラの特徴

 

プレイヤーの分身となるキャラクターは、どんな特徴をもっているのかー。

 

MHW

「ハンター」

モンスターの狩猟、捕獲などを行う狩人。
「ハンター」の意味そのままであり、特別な存在ではない。

 

<環境>を利用することに長け、
現地調達した素材をその場で調合してアイテムを作り出したり、
腕部に装着しているスリンガーのワイヤーを利用して空中移動したりできる。

<罠>の扱いにも長けており、
大型モンスター(後述)を足止めしたり、捕獲したりできる。

大型モンスターの背に乗り、積極的なダウンを狙うことも可能。

武具に備わっているスキルを引き出し、活用することが可能。

長く行動していると(空腹のため)スタミナ上限が低下してゆく。
携行食糧やこんがり肉などで回復可能。

 

討鬼伝2

「モノノフ」

<鬼>と戦うための特殊な闘法を身につけ、
超常的な力を駆使して戦う戦士。

「鬼を討つ鬼」

 

<瘴気>に対して常人よりも高い耐性を持ち、<異界>でも行動することが可能。

とは言え、<瘴気>による侵食が遅いというだけなので、行動可能限界(※)を超えての活動はできない。

※ クエストに設定されている「制限時間」のこと。

 

道具(アイテム)の類いは携行しておらず
モノノフとして備えている能力や、
<ミタマ>(後述)のスキルを活用しながら探索・討伐を行う。

 

鬼ノ目

鬼の生命力や、破壊可能な部位などを見通すことが可能。
フィールド上の隠された事物を発見可能。

 

鬼ノ手

「博士」の発明により使用可能。
高所の特定ポイントを掴むことで、空中移動が可能。

大型鬼の突進を受け流し、引き倒す(ダウンさせる)ことが可能。

<魂の力>を限界まで引き出し、人外の一撃を見舞う「鬼葬」(おにはぶり)を放てる。
(後述の「鬼千切」より強力

 

鬼千切(おにちぎり)

<魂の力>を引き出して放つ必殺技
小型鬼を一撃で消滅させ、大型鬼の破壊可能部位を一撃で破壊する。

使用している武器種により、使い勝手が異なる。

 

鬼祓い

ある程度の<瘴気>による穢れを、浄化できる。

その効果により・・・・・・

破壊した鬼の部位を、素材として獲得できる。

瀕死に陥った仲間を救助できる。
救助された仲間は、その場で戦闘に復帰する。
ただし、倒されるごとに<瘴気>の影響が強まり、救助が難しくなってゆく。

 

 

☆ 装備品について

 

なにげに、大きな「違い」があったりします。

 

MHW

近接武器は、次第に切れ味が落ちてくる。

切れ味が落ちると攻撃をはじかれやすくなるため、<砥石>で研ぐ必要がある。

 

間接武器には特殊な効果を備えたビン・弾種があり、
使い分けることで、対象の弱点にあわせた攻撃が可能。

ただし、その多くは携行可能な数に制限がある。
(現地(キャンプ含む)での補充は可能)

 

防具に<スキル>が設定されており、
複数部位を組み合わせることで強化することが可能。

武器(上位)にも装飾品を取り付けることで、<スキル>のセットが可能。

 

討鬼伝2

<切れ味>という要素自体がない

そのため、「切れ味低下により攻撃がはじかれる」こともない。

 

間接武器(弓・銃)の内、銃には複数の弾種がある。

<弾数>の要素がないため、弾切れになることはない。
(リロードの必要はある)

 

装備品自体に<スキル>は備わっていない

 

ミタマ

鬼に喰われてしまった、歴史上の著名人の

鬼を倒すことで解放でき、以後、プレイヤーキャラの武具に宿せるようになる。

 

<ミタマ>は、宿した状態で戦うことで経験を積み、成長。
新たな<スキル>を修得してゆく。

親子や夫婦など、関係性の高い特定の<ミタマ>同士を宿すことで発動する<組み合わせスキル>も存在する。

 

どの<ミタマ>にも共通する能力として「治癒」がある。

モノノフは薬などの調合はできないが、<ミタマ>の力を借りることで回復が可能

登場する<ミタマ>は200体以上に上り、
それぞれにキャラクターボイス&セリフが設定されており、
戦闘中に<スキル>を使用するとしゃべる

 

 

☆ 大型の敵について

 

表面的には同じ「モンスター」に見えます、が・・・・・・。

 

MHW

高度な知能は有していない。
大型モンスターも小型同様、本能・習性にもとづいて活動している。

大型モンスター同士が鉢合わせした場合、<縄張り争い>が発生。

 

破壊した部位は、<剥ぎ取り>することで素材として獲得可能。

一部のモンスターは、破壊された部位を再生する能力を持つ。

 

疲労状態や怒り状態などがあり、
体力が低下すると<巣>にもどり、体力回復を図る

 

討鬼伝2

小型とは異なり、大型鬼には高度な知能を有するものが存在し、
中には<指揮官>的な立場のものもいる。

そのような鬼は、時に、組織的な行動を見せることがある。

 

表面は<外殻>に覆われており、
何らかの手段で<生命力>を露出させなければ、
本体へダメージを与えることはできない。

部位破壊された箇所は、<生命力>が露出する。

すべての大型鬼は<再生能力>を備えており、
時間が経つと破壊された部位は再生する。

ただし、

<鬼祓い>により浄化された部位は、再生できない
<鬼葬>により、内蔵された生命力ごと破壊された場合は、再生できない

 

ダメージを受け続け、
表層耐力がなくなると<マガツヒ>状態となり、全身に<生命力>が露出する。

ただし、短時間で通常状態に戻る。

特定の条件で<タマハミ>状態になると、全身に<生命力>が露出。

形態や攻撃方法なども変化し、より凶暴になる。

 

<巣>にもどって休むことはない

 

 

☆ 登場人物について

 

ストーリー性に影響する要素ですね。

 

MHW

プレイヤーキャラは調査団の5期団として、新大陸へ渡る。

同期の仲間や、1~4期団の人物などが登場。

キャラクターボイスは設定されているものの名前は設定されておらず、
肩書きなどで呼ばれる

クエストへ同行可能なNPCは、オトモアイルーのみ。

クエスト中に、
ギルドカードを交換した他プレイヤーのオトモアイルーや、
新大陸の獣人族、一部の小型モンスターなど、
そういったNPCが加わることはある。

 

討鬼伝2

ストーリー進行にともない、多くの人物が登場。

キャラクターボイス、名前、共に設定されている。

 

モノノフに代表される「鬼と戦える力を持っている人物」は、
ストーリーが進行するクエストに同行することが多く、
そういった人物は、通常のクエストへも同行可能になる。

一緒に戦ってくれるだけでなく、
主人公が倒されると救助にも来てくれる

戦闘中、状況に応じてしゃべる

 

マスコット的な存在「天狐」(テンコ)。

白い狐のような、モフモフとした不思議な動物。
主人公に懐き、活動をサポートしてくれるようになる。

 

 

☆ おわりに

 

「ハンティングアクション」ってどういうゲームなのかー

 

というと、要は、

 

1.さまざまなアクションを駆使して、
敵を狩ったりフィールドで採取したりして、素材を集める
(完成品ではなく素材を集めるのがポイント

2.集めた素材で、より強い装備を生産・強化する

 

この1~2のゲームサイクルを繰り返してプレイを進めてゆくもの、だと思います。

 

「ハンティングアクション」として共通するのはそのくらいで、
その他の部分については、タイトル毎に異なっています。

それが、オリジナリティと言えるものであり、
そのタイトルの魅力だったりもしますねー。

それぞれの魅力に触れるのも、楽しいものだと思いますっ

コメントを残す

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。