<閃の軌跡III>1週目クリアの感想(ネタバレなし

英雄伝説「閃の軌跡III」をクリアしましたー。

その感想ですが、ストーリー面でのネタバレを含まない内容となります。

 

それ以外の部分について、ということで・・・・・・

 

難易度

 

RPGはストーリーを楽しむもの、という考えでプレイしているため、これまで軌跡シリーズはイージーやベリーイージーでプレイしていました。

今回は少々思うところあり、少し難易度を上げて「ノーマル」で。

 

それでも道中はあまり苦労しませんでした。

各章とも、まず装備を調えることを重視したのですが、セピス塊(換金アイテム)を集めるついでにレベルも上がり、能力的にも十分な状態でストーリーを進められました。

 

ボスクラスの敵は、私にとってはちょうど良い歯ごたえでした。

事前に情報を得ず、ぶっつけ本番で挑むスタイルのため、敵が放ってくる状態異常に翻弄されて全滅しかかったり、したこともありましたが・・・・・・。

(単純に、力で押し切られたこともありました

ギリギリで耐えて勝機を掴んだり、対策を練ってリトライしたりして、壁を乗り越えてゆく楽しさを堪能できました。

 

リトライ時、敵の強さは下げませんでしたヨ。

そこは、<意地>というやつです・・・・・・。

これでも往年のゲームファンなので。

 

ふだんぬるい状況でゲームをプレイしているので、たまには<一般的な難易度>でプレイしようと考えたわけですがー。

これくらいの難易度であれば、まだ<独力>でのプレイが通用することが分かって、よかったです。

 

バトルは爽快

 

今作では<ブレイク>という新たな要素が加わり、さらに爽快感がアップ。

まずブレイク状態にして、そこから<崩し>による怒濤のリンクアタックを決めていけば、強敵に分類される敵もノーダメージで倒せることが多かったです。

道中については、数十秒から、2分以内にはほとんどの戦闘が終わってましたねー。

ウチでは主に、ユウナが壊し役でした。

彼女のオーダー、スレッジハンマーもよく使いました。

 

他に、クルトは、回避カウンターのダメージがアップするマスタークォーツをセットし、回避率補正効果のあるクォーツや装備で固め、可能な限り回避率を高めた状態で突っ込ませていました。

プレイ効率を考えれば、レンジの長いキャラの方がイイんですけどね・・・・・・。

そこは、双剣術に長けた彼のイメージを重視です。

蝶のように舞い、蜂のように刺す一撃を

 

リィンは、元々CPを高めに維持しやすくなるマスタークォーツを使っていましたが、神気合一を覚えてからは、特にCPを意識しました。

マスタークォーツ(メイン)とアクセでCPを回復しやすくして、マスタークォーツ(サブ)で状態異常・能力低下対策(無効化)。

というカンジに。

 

ちなみにラストダンジョンでは、

道中の敵のHPもかなり多くなるので、全体/広範囲に攻撃可能な最上位クラスの攻撃系アーツをばんばん繰り出せるようにしたメンバーを加えました

ただボス戦では、同時に2人以上が強化状態になると危険なので、1人ずつ地道に倒してました。

 

各種クォーツや装備の組み合わせにより、多彩な戦法をとれるのが楽しいですねー。

 

「次」が待ち遠しい

 

早くも続編(「IV」になりそう?)が待ち遠しくなりました。

けど、まずはサントラでしょうかー。

 

 

PSストア早期予約特典のサントラminiより2曲。

miniなので、収録されているのは数曲です。

でも私は、これ聴いて「サントラほしい!」って思いました。

それで十分、このサントラminiは役目を果たしたと言えるでしょう。

 

それから、2週目のプレイ。

特に<絆イベント>は、1週目では全部見られない仕様ですから、各種データを引き継いで2週目をプレイ。

2週目では、シリアスなシーンも笑いに変えて、気楽に楽しみます

 

sen3-171013-650x366 - <閃の軌跡III>1週目クリアの感想(ネタバレなし

 

リィンが果てしなくダメ教官に見えて、しかたがない!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。