<PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2

2017年1月11日に実装された衣装の目玉は、
「ドラゴン」を連想させるデザインのもの。

しかも、人間用のレイヤリングウェアと、キャスト用のパーツ、
両方ちゃんと用意されていました。

もちろんキャストの場合、どちらも着用できますヨ。
では、紹介と解説を行っていきますねー。

ちなみに、
なんであえて説明する必要のなさそうなことまで
説明しているのかというと、

ウチはPSO2専門のサイトではないので、
あまりPSO2に詳しくない方が
その類いの情報に触れる可能性があります。
(プレイはしてないけど、ちょっと興味があって閲覧した、とか

そのため、プレイヤーなら普通に分かっているような
システム面の説明も交えて、解説しております。

『テーマなし』

pso2-hoka170112-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
ドラウリア シリーズ
個人的な主義により、原則的に、
同一シリーズのパーツのみで構成することはないのですけど、

「ドラゴン」を連想っていうか、兜がまんまドラゴンなことに加え、
エリセのパーソナルカラーのベースが<黒>ということもあって、
なんとなーく、雰囲気がFF14の竜騎士っぽくなりそうだったので、
ドラウリアシリーズのみの画像も用意してみました。

ちなみに、ロングヘアーに兜を被っているのではありません。
これは、髪と兜が一体になっている「ヘッドパーツ」なのです。
で、長槍(パルチザン)を倉庫から引っ張り出してきて、
プチ竜騎士気分を味わってみたり。
pso2-draulia_series1-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
プチ竜騎士気分・1
パルチザンはハンター用武器ですけども、
私は、ハンター時には自在槍(ワイヤードランス)を使うので、
倉庫には、このバシレイオンしかありませんでした。

マァ、そこそこ見栄えのするデザインではありますけど。
pso2-draulia_series2-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
プチ竜騎士気分・2
槍を一閃、周囲をなぎ払う範囲攻撃技があったり。

あと、あれは衝撃波かナ?
それを立て続けに放つスピードレインって技がありますねぇ。

中距離から攻撃できて、
さらに、空中で繰り出した場合は滞空したまま放つので、
ジャンプで届く高度であれば、飛行型の敵にも当てやすい技です。

あまりに使いやすかったので、
初めてその技を修得、使用した時は感嘆の吐息を漏らしたものです。

もう何年も前のことなんですけど、
覚えているものですねぇ。
pso2-draulia_series3-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
プチ竜騎士気分・3
もちろん槍なので、強力な突き攻撃もあります。

あと・・・・・・槍を蹴り上げた後、
その槍と共に急降下攻撃を仕掛けるトリックレイヴは、
ジャンプ攻撃、と言えるかもしれません。

空中にいる中型までの敵なら、それでたたき落とすことも可能だそう。

『カジュアル』

ついこないだ更新したばかりなのですけど、
新しい衣装が手に入ってしまったー。
pso2-casual170112-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
ベース:トリリアムマリー冬
ベースウェアが変わりました。

トリリアムマリー自体は以前に実装されており、
こちらはカラーバリエーションということに。

前回、手に入れたデニムスカートは首元が広く開いているので、
こちらの方が、冬の衣装としてはイイかもしれません。

『防水・耐圧仕様』

pso2-suichu170112-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
ボディ:ドラウリア・ボディ
ボディパーツを変更。

前からだと分かりませんけど、
背中側のデザインが、主張しすぎることなく、
うまくまとまっているカンジだったので。

『過酷環境』

pso2-kakoku170112-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
ボディ:デルマーチ・ボディ
ヘッドパーツをドラウリアに変更。カッコイイですねぇ、コレ。
闘う女性タイプのキャラが着用すると、まさにワルキューレのよう。

なお、今回のACスクラッチ(いわゆるガチャ)名は、
『スターシップワルキューレ』だったりします。

あとアームパーツも変更。

それから、
アクセサリのウィングスタビライザーをリアバーニアに換装してみました。
少し、小さくなるよう調整して。

『ARKS制式』

pso2-arks170112-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
ベース:ヴァルザレシオ雪
ヴァルザレシオも、
「ドラゴン」を連想させるデザインのレイヤリングウェアなのです。

私は、SG(スタージェム)には課金しないので、
SGスクラッチは、そう何度も挑戦できません。

※ スタージェム
メセタ(ゲーム内通貨)、AC(アークスキャッシュ、課金通貨)に続く
第3の通貨で、課金にて獲得することも可能だが、
ゲームプレイによって獲得することも可能。

だから、SGスクラッチで運良く手に入った
「イノセントクラスタ」(アウター)は
どうしてもコーデに組み込みたくて。

それとヴァルザレシオ(ベース)を、
どのように組み合わせるかが問題でした。

なぜって、
ヴァルザレシオシリーズだけで着用した場合、こんなんですもの。
pso2-rosetumei-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
露出度の高さ説明用
お腹が見えるくらいなら、まだイイです。

でもこれは、上から下まで露出しすぎかナァ・・・・・・・って。

キャスト用パーツの場合は、
あれはメカなので、よっぽどでなければ気にならないんですけども。

で、胴体部分の露出をどう塞ぐかが課題。

アウターをそのままイノセントクラスタに換えたら、
余計に露出狂になります(苦笑。
そこで、キャストのデフォルトのインナーを利用したワケなのです。
この時に、ちょほいと細工、じゃない、工夫もしましてー。

こちらは、ふだんのボディペイント表示順設定
pso2-layersetumei1-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
ボディペイント優先度説明用1
この設定だと、
インナーの上にストッキングなどを穿くことになります。

このように表示順設定できるのがレイヤリングウェアの特長で、

旧来の仕様のままであるコスチュームでは、
「層」に分けることができないためなのか、
こういった設定ができないんですねー。

強制的に、インナーの下にストッキング穿くことになっちゃいます。

で、この設定が、
コーディネートを考える際に重要になることがあって・・・・・・
pso2-layersetumei2-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
ボディペイント優先度説明用2
今回は、キャスト用インナーを、
ベースウェアの一部として利用することで、
胴体部分の露出を塞ぐことにしました。

ボディペイントの優先度も変更しておけば、
ベースウェアの一部になっている(ように見える)インナーの
下にストッキングが表示されるわけですネ。

『ARKS制式』(全体

pso2-arks170112_2-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
イノセントクラスタ+ヴァルザレシオ(全体
ファッション情報ウィンドウを消して、全体がわかるよう撮影。

ストリームフェザーは本来、湾曲した翼状のアクセサリですけども、
硬質感のあるアクセなので、
角度や位置、サイズなどを調整して
ショルダーアーマーのようにしてみました
ふーむ・・・・・・

この状態から「覚醒」することで
100%の力を発揮できる形態に変化すると、





こうなる・・・・・・
pso2-kessen170104_2-650x366 - <PSO2>新たに手に入れた衣装の解説 その2
ヴィエルキュティス(全体
なんて、
人物ロールプレイ用キャラ設定に追加するのも、面白そうですねぇ。

ヘアスタイル、クワトロアンテナ、ストリームフェザーなど、
共通している要素がいくつかありますから。

なお、こちらのコスチュームも
SGスクラッチで運良く当たったものですけれど、
これまた露出が多すぎて、塞ぐのに苦労しました(笑。
それから、コーディネートを考えるのは楽しいのですけど、

衣装でかなり倉庫を圧迫してきているので・・・・・・
早く処理していかないと、ですねぇ。

新規に実装・配信される衣装、つまり、
コスチューム・レイヤリングウェア(アウター)・ボディパーツは、
すべて、一定時間着ているとSGを獲得できるので、

不要な衣装であっても、
まずSGを獲得してから処理しないと、勿体ないのです。

要は、そのSGゲット待ちの衣装がたまってきて、
倉庫を圧迫している、ということです(苦笑。

性別や種族制限により着用できないものについては、
すぐ処理できるんですけどネ。

コメントを残す

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。